normalize~

最大振幅に基づいたスケール

インプット

シグナル
左インレット:入力シグナルは基準化(ピーク振幅を最大値としてスケーリング)されます。

右インレット:最大出力振幅値;出力全体のスケーリング。

float 右インレット:最大出力振幅値は、シグナルの代りにfloatとして送ることができます。シグナルが右インレットに連結されると、右インレットで受け取ったfloatは無視されます。
reset
左インレット:resetの後に数値を続けると、入力振幅の最大値をその値にセットし直します。resetの後に数値がない場合、または数値が0の場合には、入力振幅の最大値は0.000001にセットされます。

引数

float オプション。再大出力振幅値の初期値。デフォルトは1です。

アウトプット

シグナル 入力シグナルは、「最大出力振幅値/入力振幅の最大値」でスケールされます。

実例

スケーリング係数が明らかに変化するか、未知である時、normalize~はピーク振幅値をセットします

参照

*~ 2つのシグナルの積

目次へ

.