log~

シグナルの対数関数

インプット

シグナル
左インレット:log~は、タイプされた引数、または最も最後に右インレットで受け取った値を底とする、入力シグナルの対数値を送り出します。シグナルの値が0以下の場合、log~は0.00000001を送り出します。
floatまたはint 右インレット:対数の底をセットします。デフォルトの値は0で、これは自然対数(e,または2.71828182を底とするもの)と等価です。1を底とする対数値は常に0になります。

引数

floatまたはint オプション。対数の底を指定します。デフォルトは0です。

アウトプット

シグナル 入力シグナルの対数値。初期値、または最も最後に右インレットで受け取った値によって、対数の底が指定されます。

実例

指定された底による、シグナルの対数;曲線を生成するために使用できます

参照

pow~ シグナルのベキ関数

curve~ 対数曲線ジェネレータ

sqrt~ シグナルの平方根

目次へ

.