ifft~

高速フーリエ逆変換

インプット

シグナル
左インレット:逆変換されるシグナルの複素数表現の実数部。

右インレット:逆変換されるシグナルの複素数表現の虚数部。

シグナルが、左インレット及び左アウトレットにのみ連結されている場合、実IFFT(高速フーリエ逆変換)を行います。そうでない場合は、複素フーリエ逆変換を行います。

引数

int オプション。第1の引数は、IFFTのポイント(サンプル)数を指定します。これは、2のベキ数でなければなりません。デフォルトのポイント数は512です。2番目の引数は、連続したIFFT間のサンプル数を指定します。これは、ポイント数以上で、2のベキ数でなければなりません。デフォルトの間隔は512です。第3の引数は、IFFTがスタートする間隔へのオフセットを指定します。これは、0またはシグナルベクタサイズの倍数でなければなりません。ifft~は不適切な引数を訂正しますが、ifft~を作った後にシグナルベクタサイズを変更し、オフセットがベクタサイズの倍数でなくなってしまった場合には、ifft~はシグナルがオンになっても動作しません。

アウトプット

シグナル 左アウトレット出力:入力を逆フーリエ変換したものの実数部。入力のすべてのポイントが受け取られてから出力が始まります。

中央アウトレット出力:入力を逆フーリエ変換したものの虚数部。入力のすべてのポイントが受け取られてから出力が始まります。

右アウトレット出力:IFFT出力がされている間、0からポイント数-1までのランプシグナルを同期シグナルとして出力します。IFFTが出力をしていない時(ポイント数より間隔が大きい場合)、同期シグナルは0になります。

実例

解析と再シンセシスのための、fft~とifft~の使用

参照

fft~ 高速フーリエ変換

チュートリアル24 分析:FFTの使用

目次へ

.