/~

シグナルを他のシグナルで除算

ノート

割算は、コンピュータにとっては効率の良い命令ではありません。/~オブジェクトは、左インレットから入力されるシグナルに、初期値、または右インレットで受取ったintやfloatの逆数を掛けるように最適化されています。しかし、2つのシグナルが接続された場合、/~はかなり効率の悪い割算のプロシージャを使用します。

インプット

シグナル
左インレット:シグナルは右インレットに送られて来るシグナル、または右インレットで受取った定数値によって割られます。

右インレット:シグナルは左インレットに送られて来るシグナル、または左インレットで受取った定数値を割るための分母として使われます。

floatまたはint 左インレット:数値は右インレットに送られて来るシグナルによって割られます。左インレットにもシグナルが連結された場合、floatまたはintは無視されます。

右インレット:左インレットに送られて来るシグナルを割るための数値。右インレットにもシグナルが連結された場合、floatまたはintは無視されます。 

引数

floatまたはint オプション. 左インレットに送られて来るシグナルを割るための初期値をセットします。右インレットにシグナルが連結された場合、引数は無視されます。引数がなく、右インレットにシグナルが連結されない場合、デフォルトの初期値は1になります。

アウトプット

シグナル 2つの入力値の比(商)。すなわち、左からの入力を右からの入力で割ります。

実例

できるならば、等価な乗算を使用する方が、コンピュータにとってはより効率的です

参照

*~ 2つのシグナルの積

目次へ

.