count~

シグナルサンプル・カウンタ

インプット

bang
オーディオがオンの時、出力シグナルはcount~の現在の最小値からカウントを始め、1サンプルごとに値を増加させます。その時点でシグナルのカウントがすでに行われている場合は、最小値にリセットして値の加算を続けます。
int
左インレット:新規に、現在の最小値を設定し、出力シグナルはこの値から上へカウントを始めます。

右インレット:最大値を設定します。この値までカウントすると、次のサンプルは、また最小値からスタートします。値0(デフォルト値)は最大値の設定を取り除き、カウントはリセットなしで増加を続けます。

stop
count~はカレントの最少値のシグナルを出力するようになります。

引数

int オプション。最初の引数はカウンタの最小値の初期値を設定します。デフォルト値は0です。2番目の引数はカウンタの最大値の初期値を設定します。デフォルト値は0ですが、これは最大値がないことを意味します。

アウトプット

シグナル オーディオがオンにされると、count~は常に現在の最小値を送るようになります。bangまたはintを受取ると、この値からカウントを増加させて行きます。

実例

与えられた初期値からスタートし、サンプル毎のカウントの結果を送り出します

参照

index~ 補間なしでサンプルをプレイバック

mstosamps~ ミリ秒をサンプル数に変換

sampstoms~ サンプル数をミリ秒に変換

チュートリアル13  サンプリング:レコーディングとプレイバック

目次へ