buffer~

サウンドサンプルのストア

インプット

read
AIFFまたはSound Designer II のサウンドファイルをbuffer~のサンプル用メモリに読み込みます。readという語の後に引数としてのシンボルがない時は、標準ファイルオープンダイアログが開かれ、読み込むことのできるAIFFとSound Designer II のファイルが表示されます。readの後にMaxのファイルサーチパス内にあるファイル名がある場合は、ダイアログボックスを開かずにそのファイルをただちにbuffer~に読み込みます。ファイルネームの後にfloatを付け加えて、そのファイルの読み込みをスタートする時点を、ミリ秒単位で示すことができます。(ファイルの先頭は0です。)スタートタイムの後に、floatを続けて、buffer~に読み込まれるサウンドの持続時間をミリ秒単位で指定することができます。この持続時間は現在のオブジェクトのサンプルメモリのサイズに優先します。持続時間が負の場合は、buffer~はファイル全部を読み込み、それに従ってサンプルメモリのサイズを変更します。持続時間の引数が0か、存在しない場合、サウンドファイルが現在のサンプルメモリのサイズより大きくてもbuffer~オブジェクトのサンプルメモリのサイズは変更されません。持続時間の後に、読み込みを行うチャンネルナンバを指定することができます。チャンネルナンバが指定されない場合、buffer~はAIFFまたはSound Desighner IIファイル のヘッダに表示されたチャンネルナンバに読み込みます。readメッセージでチャンネルナンバが指定されなくても、buffer~の以前のチャンネルナンバはファイルから読み込まれたチャンネルナンバに変更されます。
readagain 最も最近読み込んだAIFFまたはSound Designer II のファイル(前にreadまたはreplaceメッセージで指定されたもの)からサウンドデータを読み込みます。
replace 負の持続時間を引数に持つreadメッセージと同じです。replaceの後にはシンボルが続き、シンボルはMaxファイルサーチパス内のファイル名として扱われます。引数がない場合は、buffer~は標準ファイルオープンダイアログを開き、読み込むことのできるAIFFまたはSound Designer II のファイルを表示します。引数が追加されると、readメッセージと同様に、スタートタイム、持続時間、チャンネルナンバを指定します。
write buffer~の内容をサウンドファイルにセーブします。writeの後にシンボルがある場合は、それをファイル名として現在のデフォルトディレクトリにセーブしますが、そうでない場合は、ファイル名をつけるために標準ファイルダイアログをオープンします。カレントのbuffer~オブジェクトのフォーマットがAIFFならば、writeメッセージはAIFFファイルとしてセーブします。カレントのフォーマットがSound Designer II の場合は、writeメッセージはSound Designer IIファイルとしてセーブします。デフォルトのファイルフォーマットはAIFFです。Sound Designer II ファイルがreadメッセージでオープンされているか、buffer~が前にSound Desiger II ファイルとしてセーブされている場合、ファイルフォーマットはSound Designer II に変更されます。
writeaiff buffer~の内容をAIFFファイルとして保存します。シンボルが後に続く場合は、それをファイル名として現在のデフォルトディレクトリにセーブしますが、そうでない場合は、ファイル名をつけるために標準ファイルダイアログをオープンします。
writesd2 buffer~の内容をSound Designer II ファイルとして保存します。シンボルが後に続く場合は、それをファイル名として現在のデフォルトディレクトリにセーブしますが、そうでない場合は、ファイル名をつけるために標準ファイルダイアログをオープンします。
clear buffer~の内容を消去します。
size sizeという語の後にミリ秒単位での持続時間が続く場合、buffer~オブジェクトのサンプルメモリのサイズを設定します。これは、replaceメッセージによって無効にされるか、readメッセージの持続時間の引数による場合を除いて、ストアできるデータ量の上限になります。
sr srの後にサンプリングレートが続く場合、buffer~のサンプリングレートを設定することができます。で不ぁルとでは、サンプリングレートはカレントの出力サンプリングレート、または、最も最近ロードしたサウンドファイルのサンプリングレートになります。
name nameの後に、シンボルが続く場合、cycle~、groove~、loocup~、peek~、play~、record~、wave~等の他のオブジェクトがbuffer~を参照できるように、ファイル名を変更することができます。古いファイル名でbuffer~を参照しているオブジェクトは、関係を失います。すべての buffer~オブジェクトはユニークな名前を与えられなければなりません。;もし、すでに他のbuffer~によって使われている名前を指定すると、最初にその名前を使われていたものは、buffer~と結び付けられなくなります。
(remote) buffer~の内容はpeek~オブジェクトとrecord~オブジェクトによって変えることができます。
(mouse) buffer~をダブルクリックすると、buffer~の内容を見ることができるediting windowをオープンします。

引数

シンボル 必須。最初の引数は、他のオブジェクトがbuffer~の内容にアクセスするときに指定する名前でなければなりません。
シンボル オプション。buffer~の名前の後に続く引数として、buffer~ が作成される時にロードされるサウンドファイル名を入力できます。
floatまたはint オプション。オプションのファイル名の引数の後に続く引数として、持続時間をミリ秒単位で与えることができ、buffer~のサイズをセットします。この範囲はストアされるサウンドの量によって制限されます。(しかし、新しい持続時間は、readメッセージの一部として指定することができます。)持続時間が入力されない場合、buffer~ はサンプルメモリを持ちません。しかし、読み込まれるサウンドファイルのサイズの制限はしません。
int オプション。持続時間の後に、引数を追加して、buffer~ にストアされるオーディオのチャンネルナンバを指定することができます。(これは、buffer~にどのくらいのメモリを最初に割り当てるかを示しますが、より多いチャンネルを持つサウンドファイルが読み込まれると、buffer~は追加のチャンネルのためにより多いメモリを割り当てます。)buffer~が持つことができチャンネル数は、最大4です。デフォルトでは、buffer~は1つのチャンネルを持っています。

アウトプット

float ユーザが、editing windowでbuffer~をマウスでクリックまたはドラッグすると、カーソルのbuffer~の中での時間の位置が、ミリ秒単位でアウトレットから送りだされます。

実例

buffer~はオシレータのウェーブフォームテーブルとして、または、サンプルのバッファとして使用されます

参照

cycle~ テーブルルックアップ、オシレータ

groove~ いろいろな速さでの、サンプルプレイバックのループプレイバック

lookup~ ルックアップテーブルの変換関数

peek~ サンプル値のリードとライト

play~ ポジションに基づくサンプルのプレイバック

record~ buffer~へのサウンドのレコーディング

sfplay ディスクからのサウンドファイルのプレイバック

sfrecord ディスクへのサウンドファイルのレコーディング

wave~ 可変サイズのテーブルルックアップ・オシレータ

チュートリアル3 基礎:ウェーブテーブル・オシレータ

チュートリアル12 シンセシス:ウエーブシェイピング

チュートリアル13 サンプリング:レコーディングとプレイバック

目次へ

.