==~

等しいかどうか。2つのシグナルを比較

インプット

シグナル
左インレット:シグナルは右インレットに送られて来るシグナル、または右インレットで受取る定数値と比較されます。右インレットの値と等しい時は1が送り出され、そうでない時は0が奥り出されます。

右インレット:シグナルは左インレットに送られて来るシグナルと比較するために使われます。

floatまたは int 右インレット:左インレットに送られて来るシグナルとの比較に使われる数値。右インレットにもシグナルが連結された場合、floatまたはintは無視されます。

引数

float または int オプション. 左インレットに送られて来るシグナルと比較する初期値をセットします。シグナルが引数と等しい場合は1が送り出され、そうでない場合は0が送り出されます。右インレットにシグナルが連結された場合、引数は無視されます。引数がなく、右インレットにシグナルが連結されない場合、デフォルトの初期値は0になります。

アウトプット

シグナル 左インレットのシグナルが右インレットの値と等しい場合は1が送り出されます。そうでない場合は0が送り出されます。

実例

シグナルが一定の値と等しいかどうか、または2つのシグナルがお互いに等しいかどうかの検出。

参照

<~  より小さいどうか、 2つのシグナルを比較。

>~ より大きいかどうか、2つのシグナルを比較。

change~ シグナルの方向を報告。

edge~ シグナルの論理変化の検出。

目次へ

.