+~

シグナルの加算

ノート

あらゆるMSPオブジェクトの、どのインレットでも、受取ったすべてのシグナルの加算値を使用します。従って、+~オブジェクトはシグナルの加算を明確に表示したい場合、または、シグナルにfloatintによるオフセット値を加算したい場合にだけ、必要になります。

インプット

シグナル
左インレット:シグナルは右インレットに送られて来るシグナル、または右インレットで受取る定数値と加算されます。

右インレット:シグナルは左インレットに送られて来るシグナル、または左インレットで受取る定数値と加算されます。

左インレット::右インレットに送られて来るシグナルに加えられるオフセット値。左インレットにもシグナルが連結された場合、floatまたはintは無視されます。

右インレット:左インレットに送られて来るシグナルに加えられるオフセット値。右インレットにもシグナルが連結された場合、floatまたはintは無視されます。

floatまたは int

引数

float または int オプション. 左インレットに送られて来るシグナルに加えられるオフセットの初期値をセットします。右インレットにシグナルが連結された場合、引数は無視されます。引数がなく、右インレットにシグナルが連結されない場合、デフォルトの初期値は0になります。

アウトプット

シグナル 2つのインプットの和。.

実例

シグナルの振幅を定数、変化する値、または他のオーディオシグナルでスケールする。

参照

/~ : シグナルを他のシグナルで割る

チュートリアル2 基礎:アジャスタブル・オシレータ

チュートリアル8 シンセシス:トレモロとリングモデュレーション

目次へ