frameaccume~

連続したフレーム間の位相遷移の「ランニングフェイズ」を計算する

インプット

シグナル
計算されるシグナル

引数

なし

アウトプット

シグナル frameaccume‾オブジェクトは入力されるシグナルベクタの同じ位置の値を累計することで、ランニングフェイズを計算します。言い換えると、各々のシグナルベクタについて、出力される第1のサンプルは受け取られた各々のシグナルベクタすべての第1のサンプルと累計されます。出力の第2のサンプルは各々のシグナルベクタすべての第2のサンプルと累計されます。以下同様です。pfft‾オブジェクトの中で使用される場合、FFTサイズはシグナルベクタサイズに等しいため、FFTのランニングフェイズを保つことができます。

実例

frameaccume‾はスペクトルデータのフレーム間のランニングフェイズを計算します。

参照

framedelta‾ 連続したFFTフレーム間の位相遷移を計算
チュートリアル26 pfft‾による周波数領域のシグナル処理

.