fftinfo~

pfft~にロードされたパッチャーの情報を出力

インプット

bang
オブジェクトのアウトプットから、FFTフレームサイズ、FFTフレームサイズの1/2の値(これは、シグナルベクタサイズになります。)、そして、FFTホップサイズを出力します。

引数

なし

アウトプット

int 左アウトレット:pfft‾オブジェクトの引数によって指定された、カレントのFFTフレームサイズ。
中央アウトレット:カレントのFFTフレームサイズの1/2の値。
右アウトレット:カレントのFFTホップサイズ。

実例


fftinfo‾はロードされたFFTサブパッチャーの情報を出力します。

参照

cartopol‾  デカルト座標を極座標に変換
cartopol‾ シグナルのデカルト座標を極座標に変換
fft‾ 高速フーリエ変換
fftin‾ pfft‾によってロードされたパッチャーへの入力
fftout‾ pfft‾によってロードされたパッチャーの出力
frameaccum‾ 連続した位相遷移フレームの「ランニングフェーズ」を計算
framedelta‾ 連続したFFTフレーム間の位相遷移を計算
ifft‾ 逆高速フーリエ変換
pfft‾ パッチャーのためのスペクトル処理マネージャ

poltucar 極座標をデカルト座標に変換
poltocar‾ シグナルの極座標をデカルト座標に変換
vectral‾ ベクトルベースのエンベロープフォロア
チュートリアル25 分析:FFTの使用
チュートリアル26 pfft‾による周波数領域のシグナル処理

.